成功の確率を上げる!8つの有効な中古車の探し方

02_01

 

中古車の探し方も時代によって変化してきています。以前までは、雑誌を見て気になる中古車があれば、販売店へ出向くのがあたりまえでした。

インターネットが普及してからというもの、ネットで中古車探しをするのがポピュラーとなりました。さらに現代では、インターネット上で中古車購入を完結できるタイプの購入方法も広がりつつあります。

ここでは、8つに分かれる中古車の有効な探し方についてご紹介したいと思います。

8つの有効な中古車の探し方

  • 中古車販売店での探し方
  • 中古車検索サイトでの探し方
  • 電話で紹介してもらう探し方
  • インターネット完結型販売店での探し方
  • オークション代行での探し方
  • 中古車仲介サービスでの探し方
  • 中古車情報誌での探し方
  • 個人売買、知人・友人から買う

中古車の探し方には、これだけの手段があります。それぞれにどのような特徴があるのかを見てみましょう。

中古車販売店での探し方

一番ポピュラーな探し方が中古車販売店を自分の足でまわって実際に中古車を探す方法です。今はインターネットであらかじめ目ぼしい中古車を見つけてから販売店に問い合わせる方が多いですが、中古車を実際に見ながら吟味したいという方は、はじめから中古車販売店に行く方が多いようです。

 

より多くの中古車の中から選びたい方

希望の中古車が特にないのであれば、はじめから全国チェーン展開の大手中古車販売店に行く事をおすすめします。気にいった車が見つかるまで系列店と連携して探してくれるので、より多くの中古車の中から選べます。

おすすめはガリバーインターナショナル株式会社です。独自の中古車検索システムで全国にある数千台の車から一番条件に合うものを選ぶ事ができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


特定のメーカーに決めている方

もし特定のメーカーの車を買うと最初から決めている場合は、販売店は販売店でもメーカー直販の販売店へ行く方が良いです。理由は、ディーラーは価格は高めですが、社用車や展示車など走行距離の少ない、高品質な「おろしたて中古車」が多く、保証等も充実しているのでおすすめです。

中古車検索サイトでの探し方

インターネットが一般化した現代では、中古車検索サイトで探す方法がスタンダードとなっています。中古車検索サイトの最大の特徴は細かい絞込みが簡単に出来る事です。車種や年式や走行距離などの基本的な情報はもちろんの事、下記のような項目を絞り込む事ができます。

 

  • 価格帯
  • カラー
  • 修復歴
  • 燃費
  • 排気量
  • 乗車定員
  • ドア枚数
  • ハンドル
  • 駆動方式
  • ミッション
  • 使用燃料
  • 全長・全幅・全高
  • カーナビなどの装飾品
  • ワンオーナー

 

このように、細かく絞り込みが出来るので自分の欲しい車の条件が具体的に決まっている方は、目当ての車がどこのお店で売っているのかを簡単に探す事ができます。

条件の絞込み機能の他に、車の写真を多く掲載しているのも見極めに便利です。また、中古車の車種などについての口コミも数多く掲載していますので、中古車を探すのにとても役に立ちます。

 

しかし、一般公開されているサイトに掲載されている中古車の多くは、大手中古車販売店が取り扱う「未公開中古車」の段階で売れなかった車であるため、あまり良い条件のものはないのが実情です。

ガリバーの未公開中古車を探してみる>>

 

img4

電話で紹介してもらう

車選びに自信がない方や、忙しくて探す時間が少ない方におすすめの方法です。サイト上で簡単な情報のみ入力するだけで、プロのスタッフが車選びのサポートを電話でしてくれます。

車を使う用途に合わせて探してくれたり、アバウトな要望にもカウンセリングのように親切丁寧に答えてくれます。

また、ネット上にまだ公開されていない未公開車両の中から、一番条件が揃った中古車を紹介してくれたり、入荷待ち中古車を優先的に紹介してくれるというありがたい特徴もあります。

【代表的な中古車提案サービス】
【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス

インターネット完結型販売店で探す

今一番新しいカタチの中古車購入の方法です。中古車購入を『手頃』に『気軽』に『安く』済ませたい方におすすめです。中古車検索サイトのように希望の中古車を絞り込み、写真や動画も含め詳しい情報を確認したのち、ワンクリックで中古車を購入できます。

中古車を自分の肉眼でしっかり確認し、多くの中古車を吟味したい人にとっては考えられない購入方法ですが、中古車にあまりこだわりを持っていない方やあまり長く乗るつもりでない方にとっては比較的好評のようです。

 

また、最近の若い世代にとってはインターネットでの買い物はとても身近な手段であり、車の購入が仕入れ価格で済むということで、今後主流となる可能性は十分考えられます。

店舗型の中古車販売店にはないサービスも豊富に揃っているため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

【代表的なインターネット完結型販売店】

【Amazon中古車販売の秘密 ~ワールドビジネスサテライト~】

オークション代行で探す

一般の方はオートオークションに参加する事が出来ませんが、知り合いの車屋さんに頼んだり、オークション代行を利用して中古車の落札を行ってもらう方法もあります。オークション会場に代行業者が参加し、中古車の購入にいたるまでを代行してくれます。

必ずしも希望の車が落札できるわけではありませんが、手数料をかけるなどして、より良い条件の車を落札する事が可能です。一般の中古車販売店より100万円の車で20万円程安い値段で購入できる場合もあります。

中古車仲介サービスで探す

中古車仲介サービスとは、車を売りたい方と車を買いたい方の中古車個人売買の仲介をしてくれるサービスです。
売りたい人と買いたい人が直接取引をすれば無駄な中間マージンが一切発生せず、売る側は高く売却することができ、買う側は安く購入することができます。

その他にも、中古車購入にあたる面倒な手続きなどを一括して代行してくれるので、無駄な費用をかけたくない方や近場で探したい方におすすめです。

【代表的な中古車仲介サービス】
業者マージンゼロ!個人×個人の中古車売買

中古車情報誌で探す

中古車情報誌を手にとってみると、まるで電話帳のような重量感と厚みがあり、中にはびっしりと中古車情報が詰まっています。そのため、1つ1つの中古車情報が狭いスペースに掲載されており、視力が悪い方にとっては少し読みにくさを感じるかもしれません。出来る限り見やすくなるように、記号などを使って工夫しています。

代表的な中古車情報誌の「Goo!」は250円で販売されていますが、これらの中古車情報は殆どが広告となっており、広告収入によって利益を得ています。インターネットに普段あまり馴染みのない方は、中古車情報誌の中から気になる車を選び、中古車販売店へ問い合わせたり直接出向いたりします。

【中古車情報誌の小話】
とても怖い中古車情報誌(ガリバー公式サイト)

img7

個人売買、知人・友人から買う

中古車を手に入れる方法は業者を通してだけではありません。知り合いが手放したいと考えている車を譲り受ける事も可能です。ですが、あまりおすすめはできません。

知人に譲り受けた場合、車の名義変更などを自分でする必要がありますので、警察や陸運局、役所等で手続きをしなければなりません。

 

軽自動車と普通自動車では少し違いますが、一般的な手続きの流れは、まず新所有者の車庫証明を最寄りの警察で取得し、車庫証明、車検証、自動車納税証明書、自賠責保険証、譲渡証明書、新所有者の実印、印鑑証明書、委任状、自動車税納税証明書、自動車リサイクル券・・・

など多くの書類と実印などを揃え、陸運局へ出向き(陸運局にある書類もあります)、自動車税、自動車取得税の申告をし、必要なときはナンバープレートの交換も必要です。その他にも任意保険の手続きも自分でしなければいけません。

通常は中古車販売店が代行して行っているため、これらの作業を自分でするには非常に面倒であるといえます。また、保証がないため問題が発生しても当人同士で解決しなければいけないため、人間関係にひびが入る原因となってしまう可能性があります。

まとめ

中古車を購入するにあたり、色々な探し方が存在します。中古車購入を検討中の方は、どんな車が欲しいか自分なりの基準が既に頭の中にあるかと思います。今はインターネットが一般化しており、頭に浮かんでいる希望の車が見つかりやすい時代です。

今までインターネットを利用した事がなかった方も、中古車選びにこだわりが強い方も、こちらでご紹介した8つの有効な手段の中から、自分に合う探し方を1度試してみてはいかがでしょうか?