ロングラン中古車の秘密

ロングラン中古車とは、ロングラン保証というサービスが付随された中古車の事を言います。つまり、保証が既に見積もりに含まれている中古車という事になります。

ロングラン保証とは?

ロングラン中古車に付加されるロングラン保証とは、トヨタ系列の販売店限定のサービスです。このロングラン保証というサービスはトヨタ系列販売店の商標登録であり、他には存在しません。

なぜロングラン中古車と呼ぶの?

ロングラン中古車とは保証が既に付随している中古車をそう呼んでいるだけであって、本来のロングラン保証の意味と違いはありません。

ただ、ロングラン中古車と販売店が呼んでいる場合は2年3年どちらか有料のサービスが特典付加されている事のアピール材料としてロングラン中古車と呼ぶところもあります。

通常中古車を買う際にはディーラーか中古車販売店で車を選んで購入しますが、ディーラーではディーラー保証と呼び、中古車販売店ではロングラン保証という名前で呼ばれています。

ロングラン保証の概要

中古車って壊れない?という不安をお持ちの方のためのサービスになります。この「ロングラン保証」というのは中古車に何かあった時のために低価格で修理や点検が出来るサービスです。

1年契約は無料ですが、2年3年と長い期間保証してほしい場合は3年保証で約4万円程お金が掛かります。突発的な故障で高額な修理費がかかるケースがあるので「保険」的に入る人が多いです。

ロングラン中古車の特徴

トヨタのお店でご購入した中古車全てが対象

走行距離無制限でも1年間無料で保証してくれる

延長保証を選べる(+1年または+2年)

エアコン・ナビなど約60品目・5,000部品が保証の対象

エンジン機構・ステアリング機構・ブレーキ機構はもちろんのこと、エアコン・ナビゲーション・テレビなども保証の対象になります。※ボディ内外装部品・塗装・錆、消耗部品、油脂類は除きます。

全国のトヨタ系列販売会社5,000箇所で保障修理が可能

ロングラン中古車の対象ではない車

ロングラン保証がつけれる車とつけれない車があります。

  • 違法改造車
  • 並行輸入車
  • 特殊自動車(「9」または「0」ナンバー)
  • 特種自動車(「8」ナンバー)

特種自動車のうち以下の車は対象となります。

  • キャンピング車(キャンピングトレーラーは除く)
  • 冷蔵冷凍車
  • 保温車
  • 車いす移動車
  • タンクローリー車

ロングラン保証が成り立っている理由

ロングラン保証を付けても「使わないで終わる人が多い」という事実があります。実際にロングラン保証を利用し、高額な修理をしたとしてもその他の人が支払う保証料と合わせればディーラー(販売店)は赤字にはならないという計算があるからです。

なぜお客さんが保証を使う機会が実際は少ないかというと、ロングラン保証はメーカーではなく販売店が修理代を負担します。ですので、保証をつけてもらうからには販売店は出来る限り故障が発生しない中古車をお客さんに販売したいと考えます。保証を利用されたらその分修理代が負担となるからです。

 

お客さんにとっては保証をつける事によって整備がより厳重になり、万が一故障になった場合もお客さんが修理代の支払額が少なく済むため2重のお得が発生します。そして販売店にとっても故障や修理をしなければ保証代金はそのまま頂けるので双方にとってメリットのあるサービスなのです。

さらに言えば、トヨタ系列の販売店はこのロングラン保証を1年間は全ての中古車に付加できるので、壊れやすい車はトヨタ系列店の販売店には売っていないと解釈する事もできます。

ロングラン中古車を選ぶ際の注意

見積りに保証が含まれている理由

販売店が「ロングラン中古車」として販売している場合、見積りを出す際に保証について説明がない事があります。なので、本来なら1年は無料なものが勝手に3年保証がつけられたものとして見積り提示される事があります。車についてあまり知らないお客さんであれば、特に突っ込む事もしないため、販売店の戦略として使われたりする事があります。

販売店独自の「ロングラン保証」

また、トヨタ系列でない中古車販売店でも「ロングラン保証」という名前で保証サービスを提供しているところがあります。(商標登録されていて他社は使用できないはずですが、名前をつける悪質な販売店はあるようです)

トヨタ系列販売店の保証とは全く関係ないのですが、この保証が例えば1万円で10年保証がつくという内容だったとします。

これは、購入した販売店で車検を行うという条件がある事が殆どです。つまり、保証料を安くもらう替わりに車検で高くお金を見積もるという販売店の戦略があるためです。

トヨタロングラン保証の車検の条件

ロングラン保証にはトヨタのディーラーに車検をさせるという条件があります。もしも、決まったところで車検に出す予定がある場合はその旨販売店に確認してください。

ディーラーに車検を出すと高くつくという話しがありますが、その場合はディーラーには「通すだけ」と依頼すれば、法定費用+ディーラーへの車検費用だけで済みます。

 

中古車買うならガリバーがおすすめ

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。

身元が明らかな個人から買い取った車が殆どで、身元不明になりやすいオークション業者などからは買い取っていません



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です