中古車の試乗時のチェックポイントとは?







中古車の試乗時に確認すべき場所とは?
今度、候補であがった中古車の試乗に行きます。
その際に店員に確認する点やチェックポイントがあれば教えて下さい。
以下の点がチェックポイントです

中古車の試乗時のチェックポイントは下記の通りです。
■過去に事故を起こしていないか。ボディを大まかにコンコン叩いてみます。
音が硬くなる場合、そこはパテで修正してある可能性があります。
(あまり強く叩くと注意されるので気をつけて下さい)■エンジン・フードを開けて見えるボルト類が一部だけ新しくなっていないかチェックします。■一部が新しい場合、事故でフェンダーを交換している可能性があります。■各ベルトのゆるみをチェックします。■平らな道路を走ってハンドルから手を離してもまっすぐ走るかどうかチェックします。■エンジンから変な音がしないかチェックします。■走行距離は車の年式に比例しているかどうか。

■ボディ各部のチリ幅をチェックします。

■ボディの左右で違う場合、ボディがゆるんでいる可能性があります。

■ボディに腐食はないかどうか。

■ボディ・パネルの色が違う部分がないかどうか。

■オートマの場合、走り出しがスムースかどうか。

■マニュアルの場合、クラッチの遊びとつながりのチェックします。

■シートのガタがないかどうか。

■サン・ルーフやムーン・ルーフの水漏れをチェックします。

■タイヤの片減りチェックをします。

■ガソリン注入口からのにじみをチェックをします。

沢山あげましたが、詳しくないとなかなか目で見ても分からない事が多いと思います。

車をいくつか見るとチェックポイントの違いがよく分かるようになるので、何台も試乗してみることをおすすめします。

納得の一台が見つかりますように!

 

ガリバーなら試乗しなくても納得の1台が見つかる

ガリバーなら買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、全ての中古車は「修復歴なし」なので安心して中古車選びができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


 

gulliver






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です