未使用車と中古車はどう違うの?

未使用車について、名前は聞いた事あるけれど実際はどのような車なの?

そんな方に向けた未使用車の記事です。

未使用車とはなんですか?

分かりやすく言うと、車自体は新車だけれど、書類上では中古車になっている車の事です。

書類上では国土交通省にナンバーの登録をしただけで、新車と同じ状態の車という事ですね。

つまり未走行の新車にナンバープレートをつけただけの車両であるという事になります。

  • 登録だけしてそれ以降は誰も乗っていない車
  • 展示車として飾られていただけの車
  • 試乗車として使われていた車

未使用車と言っても、実はきっちりとした定義は無く、そのため上記のような車を未使用車と呼ぶ人もいます。

本来は未使用の車であっても「中古車」という分類で扱われているため一般的に未使用車の認識は曖昧なのです。

これは、ある理由により未使用車という車の存在があるためです。

未使用車が存在する理由

では、なぜそのような書類上だけ登録された車が存在するのでしょうか?

未使用車が生まれる理由は2つあります。

  • ディーラーによる車の登録台数稼ぎ
  • 車購入のキャンセル

ディーラーによる車の登録台数稼ぎ

車の販売を生業としているディーラーには、決められた台数を売らなくてはいけない取り決めがあります。それはメーカーから課せられるノルマであったり奨励金の支給であったり、その取り決めには様々な事情があります。

ディーラーは車の販売台数をメーカーに報告する必要があり、その報告の時にノルマ(売上げ目標)に達成するだけの数を報告しなければなりません。

その時に「あと何台販売台数があれば・・」となった時に自社名義でお客さんのいない車を登録して販売実績として報告します。その時の車が「未使用車」として扱われる事になります。

GrowthChart

車購入のキャンセル

新車を注文してナンバーを取得して契約も終わらせた後にキャンセルがあった場合に生まれる「未使用車」です。

新古車との違い

未使用車を正確には「登録済み未使用中古車」と言います。

そして、以前は「新古車」と呼ばれていました。しかし、新古車という表現の使用は自動車公正取引協議会の取り決めで現在では禁止されています。

車業界では禁句となっているため、当然広告や店頭で「新古車」という言葉を使えません。

理由としては、あくまでも中古車であるのに新車と間違えるような紛らわしい表現であるためです。

昔と今の呼び方というだけで、意味としては同じです。

中古車買うならガリバーがおすすめ

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


まとめ

未使用車について、基本的な知識はこの通りとなります。

もし、未使用車の購入をご検討されている方は、こちらの記事もご参考にしてみて下さい。

>>未使用車がお得な理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です