消耗しやすいゴム製品を消耗しにくくさせるコツ

ワイパーはゴム製品の中でも消耗が早い

車の消耗品には色々ありますが、ゴム製品の中でも一番消耗が激しいのがワイパーです。ゴムは年数が経つと硬くなってしまう性質なので、雨の日にワイパーの拭き取りが悪くなったら事故につながりますのですぐに取り替えましょう。

時々、ワイパーを上に起こしている車を見かけると思いますが、これはおすすめしません。なぜかというと、本来は窓ガラスに密着するようにバネなどを使ってテンションがかかっているのに、起こす事によってそのテンションが緩んでしまう可能性があるからです。そのせいでワイパーの性能が悪くなってしまい水滴の拭き取りが甘くなってしまいます。

ウェザーストリップの応急処置

ウェザーストリップという箇所も車内環境にとって欠かせないですね。ウェザーストリップとはドアのガラスを囲む枠の事です。雨はもちろん外気の侵入を防ぐ役目があります。ワイパーのゴムとは違い、ここの部分を交換するには費用がかなりかさんでしまいます

もしも、ウェザーストリップの機能がゆるくなってきた場合は、ホームセンターでゴム用の潤滑油を入手し塗って対策して下さい。これである程度は解消できます。もちろん、きちんと修理や交換をした方がよいですが、放っておくよりは手軽な処置を施すようにしてください。(ワイパーには潤滑油はNGです)

ガリバーは販売前に2000箇所の整備点検を行っています

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です