ハイオク指定車にレギュラーを入れてはいけない理由

ハイオク指定車に乗っているのに、ハイオクは高価だからという理由でガソリン給油の際にレギュラーを入れていたりしませんか?

そして、レギュラーを入れてもエンジンは正常に動くから問題ナシと思っていませんか?

確かにエンジンは回ります。しかし、燃費は確実に悪くなりますし、エンジン自体にもダメージを与えてしまっている事までご存知でしょうか?

ハイオク指定車がダメージを受ける理由

なぜエンジンにダメージを与えてしまうのかというと、エンジンは圧縮したガソリンに火種を送り込むタイミングが決まっています。

そのタイミングの事を点火時期といいますが、ガソリン仕様のエンジンとハイオク指定車のエンジンでは、そのタイミングが違う設定になっているのです。なぜかというと、ハイオクよりもレギュラーの方が燃えやすい性質を持っているからです。

このような仕様がちゃんとあるのに、ハイオク指定車のエンジンにレギュラーを入れてしまうと、効率良く燃焼してくれなくなり、従来発揮できるはずのエネルギーを発揮できなくなるのです。そして、エンジンの回転がぎこちなくなるケースもあります。

ハイオク指定車のエンジン内部に負担がかかる

さらに、最近の車はエンジンをコンピューターで制御しているため、コンピューターがエンジンをレギュラーガソリンの性質に合わせようとして無駄にプログラムを走らせてしまいます。こういった点において内部ではエンジンに様々な負担をかけてしまいます。

ハイオクに比べてレギュラーが安いのは相応の理由があるのですから、ハイオク指定車にはハイオクを入れなければ結局は高くつく事になりかねません。是非このことを頭に入れてお財布にも車にも優しいドライブライフを愉しんで下さい。

 

ガリバーは2000箇所の整備点検を行っています

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です