車が液漏れしてる!手遅れになる前に出来る事

車のどこかから液漏れを見つけた時は放置せずにすぐに修理の依頼をしてください。漏れている液体については、エンジンオイル、ATフィールド、ラジエター液、ブレーキフルードなどが考えられます。

そのうち漏れている可能性が高いのは、エンジンオイルとラジエター液です。エンジンオイルは文字通りオイルですのでドロッとしています。ラジエター液は赤、青、緑などの色がついているので、わりと判別しやすいと思います。

何はともあれ、どれも車にとっては欠かせない存在ですので、もしもドボドボと液漏れしていた時には既に手遅れと思ってよいです。ですが、手遅れにならないために事前に確認する簡単な方法があります。

駐車場から車を出したら、そのまま出かけずにときに車から降りてみて駐車場の地面を見る習慣を身につけて下さい。そうすれば何かが漏れていればすぐに気がつくはずです。

それとは別にたまにエアコンをつけていたことで発生した水が車の下部に溜まっているだけの場合がありますが、これは水ですので油と水の違いは触ってみればすぐに区別できると思います。

中古車買うならガリバーがおすすめ

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です