ブレーキに異常がある時に車から出るサイン

こちらではブレーキに異常がある時に車から発せられるサインについてご紹介します。

勝手に車体が左右に曲がる現象はブレーキに異常あり

ブレーキを深く踏んでいくとハンドルを切っていないにも関わらず、何故か右や左に曲がってしまう事はありませんか?これはブレーキの片ぎきが原因です。本来は左右のブレーキの動きが均等でなければいけないのですが、片方のブレーキが強い・・あるいは片方が弱いという場合に発生します。

大きく左や右に曲がるというわけでなければ気にせずに乗り続けるという方もいますが、ほとんどがブレーキのオーバーホールを行うと直るので、いつまでも放っておくのはやめなければいけません。

これは車のトラブル全般に言える事ですが、軽傷のうちに直すというのが鉄則です。トータルでみればこまめに手を入れるほうが安くあがります。車の寿命を長くするためには鉄板事項なのです。

ブレーキの異常を知らせてくれる不快音

さらにもう一つブレーキのよくあるトラブルといえば、ブレーキを踏んだ時に「キーッ」という不快な音がするというものです。聞いた事ある方は多くいらっしゃると思いますが、これはブレーキパッドに問題がある証拠です。

「ギー」という強い音(低音)がする場合、パッドがすり減ってしまっているのです。「キュルキュル」という耳障りな音がする場合は、ディスクとパッドの相性が悪いことが考えられます。定期的にメンテナンスに出している車ではこういう音はほとんど出ません。

また、純正のパーツを使っていれば、まずこのような不快な音は出ません。近年は音が出ないような素材にかわってきてもいます。ちなみに、ブレーキの部品の交換をする時は、できるだけメーカー純正の部品を使うようにしてください。

安いものを選んだりすると異音の原因になり、ものによってはブレーキのききが悪くなることすらあります。整備にあまりお金をかけていない中古車販売店では格安パーツを使用していることが多いため、このようなトラブルの原因になる場合もあります。

中古車を購入する場合は、整備内容などを公開しているような信頼できる業者を選ぶ事も大事です。

中古車買うならガリバーがおすすめ

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です