車を長持ちさせるちょっとした心掛け

車は消して安くない買いものですので、出来るだけ長く乗れるに越した事はありません。

しかし、ついつい使い慣れてくると無意識に乱雑に扱っていたり、燃費を無駄にしてしまっている事があると思います。車はちょっとした心がけで何倍も長持ちさせる事ができます。

オートエアコンが燃費を食う

エアコンのつけ方ひとつとっても、人それぞれに癖のようなものが出てきてしまいます。最近の車にはオートエアコンが標準装備されており、快適を保つ事ができています。しかし、快適ではありますが、無駄にスイッチをオンのままにしている人が非常に多いです。

最近のエアコンはエンジンにも負担をかけにくい仕様になっています。それでも試しにオートエアコンを切ってみる事をおすすめします。車の走りが軽くなる事に気付かれると思います。

 

その違いは、小排気量の車ほど良く分かります。それだけオートエアコンはエンジンに負担をかけているという事になります。さらに言えば、燃費に関してはもっと違いが出るほど影響します。

必要な時だけエアコンを入れて温度調整をするというのが、あたりまえのようであまりできていない方が多いのです。めんどくさいがために無駄を見逃してしまう癖というのは車に限った事ではありませんが、小さな手間が車の寿命を長く保たせます。

そして維持費だけでなく、最終的に売る事になった際の査定にも車の状態の良さが響いてきます。

換気は窓の開け方をちょっと工夫する

車内の空調はエアコンだけではありません。窓を開けて空気を入れ替える事も重要です。窓を開ける事はもちろん燃費も消費しないですし、誰もがあたりまえのようにしている事だと思いますが、時々窓を全開にしてしまっている方がいます。

窓を全開にしても換気が出来ないことはありませんが、もっと換気を良くするのであれば窓を1箇所少しだけ開けておくと効果的です。車は走行していると、Aピラー(運転席の斜め前にある柱)から後方は負圧が発生します。

 

専門的にいうとベンチレーション効果というものです。その効果のおかげで換気扇の吸い込みのようなはたらきを見せてくれます。よどんだ空気を一瞬で快適にしてくれます。雨の日でも窓ガラスのくもり防止となります。

また、真夏にはエアコンの風量をガンガンあげて冷気を浴びている方がいます。しかし、風量を最大にしても車内全体を涼しくさせるにはあまり効果はありません。

風量の目盛りは2くらいにして外気導入にしておくと、心地よい車内空間が持続します。バッテリーへの負担も軽く済むため試してみてはいかがでしょうか?

もし愛車の査定を検討中の方は「中古車売却で10万円高く売る方法」をぜひご確認下さい。

中古車買うならガリバーがおすすめ

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です