燃費に負担が掛からないマニュアル車の運転術

マニュアル車(マニュアルトランスミッション)は今や乗っている方は数少ないと言われるタイプですが、燃費に負担が掛からない運転術というものがあります。もしマニュアル車に乗っている方は参考になさってください。

燃費に負担が掛からないギアを入れるコツ

まず、冬などで車体が冷えている時にギアが入りにくい時の対処法ですが、これは無理に入れようとして車を傷めてしまう方がいます。しかし、それでは車が壊れる原因になってしまいますのでやめましょう。ちょっとしたコツでギアは入れやすくなります。

 

コツのひとつは、発進して2速へのシフトアップは、エンジン回転をあまり上げずにする事が大事です。そうする事で比較的スムーズにシフトアップが出来、冷えたエンジンにも負担が少ないです。

次に基本的にギアの入りにくい車では、例えば3速から2速に入れる場合に2速に放り込まずに、一度2速に入れるような感じで2速の入り口あがりにチョンと当ててからもう一度入れるとスムーズに入りやすくなります。

変速の仕方で燃費に差が出やすいのがマニュアル車です。エンジンに負担が掛からない回転でシフトアップすることにより、トランスミッションにも大きなトルクを掛けないで済むので無理が少なく、車に優しく燃費の節約に繋がります。

燃費に負担が掛からないクラッチ操作

マニュアル車の変速にはクラッチの操作は不可欠です。半クラッチを有効に使う事によりトランスミッションへの負担が減少し、さらにスムーズなシフトアップ&ダウンを行えます。

あまり半クラッチを使うとクラッチが減ってしまうと心配に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、むやみにエンジン回転を上げて負荷が多く掛けて頻繁に操作するのでなければ、それほど減るものではありません。

中古車買うならガリバーがおすすめ

ガリバーは買取り後に2000点もの点検によって、しっかり整備された中古車しか取り扱っていません。

また、ガリバーで取り扱う中古車は全て「修復歴なし」なので、安心して中古車探しができます。



【注目記事】ガリバーは評判どおり良かった!実際に中古車購入を体験してみた感想


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です